腸内環境をよくして体臭を防ぐ

2014 年 4 月 10 日  投稿者: teaest

体臭は腸内環境が関係していることがあります。
腸内環境が悪いと悪玉菌が有害物質を作ります。悪玉菌が作り出す物質には、アンモニアやインドールなど臭いがきつい成分が含まれています。これらが腸壁から吸収されて血液に入り込み全身を巡ります。
皮膚は排泄器官でもあります。血液中の有害物質が皮膚から排泄されて体臭を発生させるのです。
体臭を防ぐには、腸内環境をよくすることが大切です。食物繊維を多く摂取したり、ヨーグルトや納豆、味噌など発酵食品を食べて便通をよくし、腸内環境をよくしましょう。
腸内環境がよくなると悪玉菌が作る有害物質が減り、体臭が改善されます。

足の臭いトピックス

 実家に行った時に気になった兄のワキガ

2014 年 3 月 12 日  投稿者: teaest

私が子供のころに、父親と遊んでいる時に父親のワキから独特な臭いがしました。
でもその臭いは父親のものなので、別に嫌なものだとは思っていませんでした。
私は中学生になり、父のその独特な体臭がワキガだと知りました。
そのワキガは中学生の時に、ひとつ上の兄には遺伝しなかったのです。
兄には全くそのころワキガの臭いはありませんでした。
でも父が亡くなり、兄が実家で一人で暮らしはじめてから実家に行った時に
兄の部屋から体臭が凄く漂っていました。
40歳を過ぎてから兄にワキガが遺伝したと知りました。

 汗をたくさんかいて体臭予防

2014 年 2 月 23 日  投稿者: teaest

スポーツクラブに通っていますが、頻繁に汗をかいていると、そんなに汗はくさくないような気がします。もちろん汗なので、臭いはあります。でも、しばらくスポーツクラブに通っていないで、久しぶりに汗をかくと、汗のにおいもアップしています。からだの老廃物が溜まってしまっている感じです。なので、体臭防止のためにも、できるだけ頻繁に汗をかくようにしています。汗をかいたら、あとはお風呂に入って、体をきれいに洗います。それで汗をすっきりと流して、清潔にするようにしています。体臭がしてしまうとマナー違反だと思います。気をつけています。